多くのクレジットカードは、カードの決済額によってポイントが入る仕組みになっています。多くのクレジットカードは、還元率0.5%のポイントをつけて、サービスを提供しているといいます。例えば、100万円の買い物をクレジットカードを使って行えば、ポイントは5000円ぶんが入るわけです。クレジットカードを選ぶ時には、できるだけ還元率の高いカードにしたほうが、ポイントがたくさんもらえます。
最近では還元率が1%を超えるようなケースも増えており、人気のクレジットカードとなっています。還元率0.5%と、還元率1%以上との差は大きいですから、注目する人がたくさんいることもわかります。クレジットカードでの決済額が多くなれば、還元率が高いほうが、より多くのポイントがもらえます。より還元率の高いクレジットカードにしたほうが、カードの決済額に応じてより多くのポイントが入りますので、メリットがあります。もしも、還元率1.5%のクレジットカードを使って、100万円の買い物をしたならば、15,000円のポイントが入ってくることになります。
クレジットカードの還元率が高いか、低いかによって、サービスの使い勝手は大きく違います。クレジットカードを申込む場合には、ポイントの還元率がいくらになっているのか、必ず確認するようにしましょう。クレジットカードの利用条件は様々な要素がありますが、その中でもポイント還元率が何%なのかは、カード選びの鍵を握ります。